BOOKDARTS STORY
小さくて軽い金属製の栞は、矢じりの形状をしていることから『BOOKDARTS』と名付けられました。
ブックダーツは小さいながら実用性の高い商品で、薄く小さいので本や参考書などのページに挟んでも邪魔にならず紙を傷める事もない、読書愛好家の為に開発された商品です。ブロンズ製のタイプは使用しているうちに味わいのある色に変化して行きます(ステンレスは経年変化しにくいですが)のでそういった味わいも楽しむことが出来ます。またシンプルでレトロアメリカンの雰囲気漂うパッケージはギフト用としても大変喜ばれています。アメリカ本国やヨーロッパでは大学構内の売店、書店を中心にミュージアムショップやギフトショップなどで販売されています。

「ブックダーツ」の開発当時、高校の国語教師をしていた創業者は数百・数千単位でブックダーツを作って、自分の教え子やその家族・友人に配ったり、ギフト用として細々と販売していました。
ある日"Glimmer Train"と言う文学雑誌からおよそ5000ダースのオーダーが入ると多くの人たちの手に渡り評判も広がりました。その後口コミで出版社や書店から大口注文が入り始め、そしてアメリカ国内の様々な書店やミュージアムショップなどで販売されるようになりました。
しばらくの間はアメリカ国内での販売が主流でしたが、日本での流通が軌道に乗ったのをきっかけに世界各国で販売されヒット商品となっていきます。今でもブックダーツはオレゴン州フッドリバーで家族経営の工場発売当初より変わらないテイストでつくられています。

1992年から発売されているブックダーツは、日本で2000年から販売を開始、書店以外に文具店、百貨店、インテリアショップ等で販売されることが多く本の栞用としてだけでなく手帳やガイドッブック、雑誌等のマーキング用としてその名を知られるようになりました。今では数多くのお店で販売され、メディアに取り上げられて愛用者が増えロングセラー商品となりました。
   
   
   


販売店


copyright © ginzayoshida.All Right Reserved.