“ミュージアムショップ”を巡る
近年、日本国内の美術館・博物館が流行の兆しをみせ、来場者数も右肩上がりです。

背景には写真や陶芸、ガーデニングなどのクリエイティブな趣味の流行やお寺やお城などを巡るの愛好家が増えていたりと、文化的要素の多い趣味を持つ人が増えていることの流れで絵画や美術を鑑賞する人々も増えているようです。
加えて美術館を特集する雑誌が毎月何冊も発売され、アート関連のTV番組も視聴率がいいらしくBS,NHKだけでなく民放でも番組や特集が組まれており、特筆すべきはそれらの本が売れ、番組は高視聴率でどの番組も人気があるということです。
また、日本人になじみ深い(なじみやすい)印象派の画家達のいわゆる有名絵画の展覧会が続いたことも多くの人が美術館に足を運ぶ理由の一つとなっています。こうした美術館、博物館ブームを背景に多くの美術館では施設の充実をはかり鑑賞時だけでなく施設全体を気軽に楽しめるようにとカフェ・レストラン、ミュージアムショップそして施設周りの庭園をリニューアルし来場者だけでなく付近在住者の憩いの場としての役割も担うようになりました。


特にミュージアムショップの商品セレクトに関しては作家のアートワークを印刷したごくありふれた「お土産」だけでなくデザイン性の高い文具や小物、アパレル関連用品からお菓子などの食べ物まで扱うところが増えていることも注視に値するこのブームの要因の一つです。

まだ知らない人も多いと思うのですが、カフェやミュージアムショップなどは展覧会を観ない方も自由に出入りできる施設が多いので、それを目当てに訪れ、楽しんでみるのも良いのではないのでしょうか。

<ミュージアムショップ運営者、バイヤーの皆様、>
銀座吉田の取扱商品もこうしたミュージアムショップに並び大変ご好評いただいておりますております。
ショップオリジナル商品の提案なども行っておりますのでお気軽にお問合せください。

☆国立西洋美術館にて「ベルリン美術館展」が開催2012.6.13〜2012.9.17
 期間限定ショップにてファーバーカステルの画材など大々的に販売しました。
 
「ベルリン国立美術館展」

☆日清カップヌードルミュージアムにて限定ロゴ入りオリジナル手帳や万年筆を販売中。 
 LAMY万年筆、ロイヒトトゥルム手帳
 
日清カップヌードルミュージアム>>

☆★☆ Recommend MUSEUM !! ☆★☆
Aomori Museum of Art

Kawamura Memorial DIC Museum of Art

Mitsubishi Ichigokan Museum,Tokyo

The National Art Center,Tokyo

Musee Du Petitt Prince De Saint-Exupery a Hakone

Nagasaki Prefecture Art Museum

Miyazaki Prefectural Art Museum

Vangi Sculpture Garden Museum

Fuchu Art Museum

Toyota Municipal Museum of Art

Benesse Art Site Naoshima

The National Museum of Modern Art,Kyoto

CUPNOODLES MUSEUM

Tokyo Metropolitan Art Museum

Abeno Harukas Art Museum

 

copyright © ginzayoshida.All Right Reserved