hane「ペーパーホルダー」

 


デザイナーと職人との異業種交流会の場でモノ作りに対する話で意気投合した工業デザイナーの大高氏とバネ職人楓岡氏が試行錯誤を重ねて生み出した商品。“工業製品をデザインプロダクトへ!!”今でこそよく見られる取り組みですが、このペーパーホルダーはまさにその先駆けとして成功した商品で、2000年から発売を開始しロングセラーとなっています。
発売当初、販売店の開拓は二人で行っていましたが、当時は一つのアイテムだけでは店頭で置いてもらえなかったり、職人が生み出す逸品自体があまり注目されておらず、拡販されませんでした。
そんななか数少ない販売店の中で、青山の小さなデザインショップで販売されていた商品が、偶然ニューヨーク近代美術館「MoMA」のエージェントの目に留まることとなります。秀逸なデザインに魅せられたMoMAのバイヤーはすぐにを販売を決め、またたく間に人気商品となりました。MoMA担当者曰く、この扇型の形状は「和」を連想する、そして美しいばねの加工やメッキの技術は他では真似のできない高いレベルにあると絶賛されました。数年にわたる販売実績が実り、ついにはMoma"とのダブルネームで世界で卸販売も開始されアメリカだけでなくヨーロッパでも販売されました。 (現在はMoMAとのダブルネームは終了)

弊社は2003年に作り手である楓岡氏と出会い、商品をお客様へ紹介してきました。デザイン性に優れ、MoMAでの販売実績も手伝って、日本でも数年かけて販売店も広がり多くのデザインショップ、ミュージアムショップやインテリアショップなどで販売される商品になりました。
これはデザイナーx職人x販売業者がうまく機能しコアマーケットで販売することでロングセラーとなった例として話題になり製作者の大高氏と楓岡氏はメディアでも取り上げられるようにもなりました。

2006年には日本のマーケットでの販売実績が認められグッドデザイン賞を受賞。2009年にはミラノで開催された見本市「ミラノトリエンナーレ」への出品となり、再びヨーロッパでも注目を集めました。
発売から10年経った2010年には
グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞しさらに注目を集めることとなりました。

楓岡氏はクリエイターとしての才能も活かしオリジナルデザインでいくつかの商品を世に送り出し、墨田区が職人として認知されたことへの貢献したことからから「
すみだマイスター」*の称号を授与され、さらには「東京マイスター(東京都優秀技能者)知事賞」も受賞しています。

hane ペーパーホルダー 
¥1900(+税)  
台座カラー:ブラック、ブルー、レッド、オレンジ、シルバー

 
販売店|  |グッドデザイン賞|  |ばね職人|   |ノベルティ| 
 
 
展示のヒント!

2017.4.28にKITTE丸の内に「GOOD DESIGN STORE」がオープン。
こちらのショップではペーパーホルダーが「文具」コーナーではなく「工具」のコーナーに並んでいます。工業部品から生まれたという商品の本質を踏まえレイアウトしたそうです。
それがペーパーホルダーの機能性や物語性を訴える展示となっています。
目先を変えた展示が思わぬ効果をもたらし、開店後は販売も好調のよう。


GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA

                          

 

                     copyright © ginzayoshida.All Right Reserved.