バウハウスモデル;
1919年春に発表されたバウハウス宣言書』の中で、ヴァルター・グロピウスは「芸術家と職人に本質的な違いはない」と断言しています。この宣言書の発表から数年に亘り、彼の創立したバウハウス(総合的造形学校)は、純粋美術と応用美術の間の壁を打ち崩し、それらの統合を目指しました。
バウハウス主義の作家らが創造した象徴的なモダンアートは、椅子、建築、絵画、さらには彫刻など多岐にわたります。このバウハウスはわずか155名の卒業生しか輩出していないにも関わらず、その哲学は世界中の芸術家に計り知れない影響を与えています。
ブラックウィング155はバウハウス、そしてそこから受け継がれるクラフトマンシップへの敬意を表して制作されました。
ボディにはバウハウス・スタイルの象徴でもある基本図形の○△□そして三原色青、赤、黄からなる抽象的デザインをプリントし、特徴的な黄色い消しゴムを合わせることで完璧なバランスを持った鉛筆が完成しました。グラファイト芯にはアート描画に適した柔らかいSoft(4B程度)を採用しました。
 

 

 
 
 

 

 

 

2019年12月中旬発売予定です。 
発売までしばらくお待ちください。



 

copyright © ginzayoshida.All Right Reserved.